読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE BEAUTiFUL PEOPLE TOUR-season ?-“ONE MAN SHOWS 2017”

3.31(金)

この日をメチャクチャ楽しみにしてました。

バイトも12時早々に上がって。

まずは、物販に並ぶHPで見ていて、ネックストラップ欲しかったんだよね。

青海に着いた頃には、小雨が降ってき始めて、ちょっと寒い感じ。傘を持つのは嫌いだから、キャップをかぶり、パーカーをかぶって雨をしのぎながら、2時間以上並ぶ。かわいくて、思わずTシャツとタオルも買ってしまった。(*≧∀≦*)

寒いのと、お腹がすいたのとで、近くのサイゼリアに駆け込む。

会場まで1時間あるから、少しでも暖まっておかないと。

お腹も満たして、まったりしている途中、友達さんからライン。「ZEPPの近くでお茶してるよー」って。

着替えて合流。\(^o^)/

でも、 私は入り番号が遅い為、結局のところボッチ参戦。(笑)

ロッカーに寄って、上手から入って行くと、もう、かなりの人が入っていて、友達さんがどこにいるか検討もつかなかった。

ZeppTOKYOは、柵が多いから、前に行くの大変そうだしな。(_) 機材横も人がいっぱいいたから、一段上がった所に、わずかに1人入れそうなスペースがあったから、そこに陣取った。

ヤバいね、SiM。Zepp満員。始まる前から、酸欠になりそうな位、人がめっちゃいる。これが暴れたら、どうなっちゃうんだろうなぁ。

一段下がった所では、アホな大学生くらいの人達が「曲が始まったら、俺がすぐ送ってやるから、すぐ転がって行けよ」とか話していて、笑えた。

暗転したら、参戦モード全開!

一曲目から、回りなんて気にしないで、拳上げて、ヘドバンして、叫んで楽しみました。

3曲目くらいから、暑くて我慢できなくて、Tシャツの下に来ていた長袖、脱ぎました。

腰にかけていたお茶は、2回も飛んでいってしまった為、危ないので足元に置いておきました。(笑)

ホント、回りの人ご迷惑お掛けしました。m(__)m

隣のお兄さんが、あまり動かない人で良かった。お陰さまで、メチャクチャ暴れました。

大好きな曲ばかりで、あっという間に終わってしまったなぁ。

MAHくんの結婚発表から一週間経ってないのに、「おめでとう!!」callは1回だけ。それに対して、MAHくん「可愛い女をgetするには、カッコいい男じゃなきゃできないんだ」みたいなこと言ってたけど、他のメンバーは何も言わないし、それくらいで話を切るのがSiMらしいなぁと。

やっぱり印象強いのが、MCで、MAHくんが自分の書く曲について話していたことで、MAH「恋愛の曲を書くのは、誰でも出来て簡単だけど、そういうのは書かない」って。私は、英語が分からないから、よく歌詞も見ないで、雰囲気で曲を覚えるけど。でも、やっぱりMAHの雰囲気が好き。オラオラで、一人でもやってやるぜ みたいな感じ。ついて行きたくなっちゃうんだよね。

SHOW-HATEが「このツアーの中で、一度でいいからGODRiとさし飲みしたい」って言っていたのも、印象強いな。バンドだから、色々あって、特にSiMは、オフは個々で楽しんでいるなぁという感じが強くて。MAHくんの結婚式の時も、式以外はみんなバラバラ行動で。だから、それが良かったりもするんだけど。

大好きなSoundを浴びる他にも、自分について、自分の強さについて考えさせてもらえるので、SiMのライブは好き。

MAH「やりたいこと、相手がどうとか考えないで、自分がやりたいんだったら、とことんやれ」その言葉に、今回も、仕事についても、その他についても、背中を押してもらえることが出来ました。