読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

み.

1人のててご死んだ

  無くなった

 消えたなら良かったのにね

  神隠しで済んだのに

 其の子は女の子だった

 活発で元気な童でなぁ

  誰もが好いていちよったよ

 

  お日様の光が近いと

  遠崖の上に良くいたなぁ

  見える見えると

  高い所が好きだったなぁ

  天狗様にさらわれたのかの

  土地神様に愛でられたのかの

  

  どちらにしろ

  閉鎖的な村の中での出来事でな

  表沙汰になる事はないんしな

  可愛い娘だったよ

  美しいや可憐よりも

  向日葵のような娘だったよ

  ててこはなぁ

   時々消える 居なくなる

  親は悲しみ気が狂うほどになるけどな

   新しい命が授かれば

  二度と同じ思いをしたくないと

  まともな心を取り戻すんよ

  山はな川も野原も全てな

   神様の領域じゃけんに

  愛でられ欲されたなら

   其の子はもう

   人として生きられんのよ

 

  幾年、幾年月 其の子は

   生きるんだろ

  

  知ってる人が死に

  懐かしい村が変わり

  其れでも神様の子供じゃけん

   黙って見守るしかないわな

   

   わしらは其れを幸せとは思わん

    むしろ不幸だと思う

  

  不老不死に留まる若さは

  誰もが望むものだけどな

  重すぎるんじゃよ

  背負うにはな

  1人の子供が消えた

  1人の子供がこの世から消えた

  童一人で救われるならばと

   私らはなぁ

  それで在り難いと思ってるんよ

  それで救われたと在り難く思ってるんよ