読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【埼玉】リサイクルショップで幼い兄妹に超合金などを万引きさせる 33歳無職母親と同居の25歳女を逮捕・送検

子供に万引きさせたか 母親検挙

埼玉県と茨城県のリサイクルショップで、10歳と6歳の子どもに超合金のロボットなどを万引きさせたとして、長野県の33歳の母親らが窃盗や児童福祉法違反の疑いで逮捕・送検されました。

おもちゃは転売して換金していたということで、調べに対し

「子どものほうが万引きがばれにくいと思った」

と供述しているということです。

逮捕・送検されたのは、いずれも長野県上田市に住む無職の33歳の女と、同居人でとび職の25歳の女です。

警察によりますと、2人は、去年11月、33歳の女の子どもで、10歳の男の子と6歳の女の子に、埼玉県川越市のリサイクルショップで、超合金のロボット2点、およそ7万円分を万引きさせたほか、茨城県結城市のリサイクルショップで、おもちゃのベルト2点、およそ6万円分を万引きさせたとして、窃盗と児童福祉法違反の疑いが持たれています。

このうち、川越市の店で万引きさせた窃盗の罪については、すでに起訴されています。

警察によりますと、2人は、子ども2人と一緒に店に入っておもちゃを万引きをさせ、その後、おもちゃを転売して現金に換えていたということです。

警察の調べに対し、2人は容疑を認めた上で、

「生活が苦しかった。子どものほうが万引きがばれにくいと思った」

と供述しているということです。